能 鑑賞

能楽堂での能の鑑賞への招待があった。 30年以上も能を習っておられる方からのご招待でした。以前に2~3度見に行ったことはあったがここ何年かは行っていなかった。  久しぶりの能は一生懸命聞いているとぼんやりとやり取りがわかり、招待してくださった人の演じられた俊寛は後姿に悲しさを表現して舞台を去っていくのが強烈に印象に残りました。舞台がすべて終わり能楽堂の外に出たときは、つるべ落としの
秋の日はすっかり暮れて、夕飯の事を考えながら帰路に就きました

sP1040043

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA